大いなる自然への循環、自然葬

  • あなたは自然葬を望みますか

    • 今、自分が亡くなった後自然葬を望む人が増えているといいます。



      自然葬といわれてどんなイメージを想起するでしょう。

      海や山への散骨は自然葬の一部です。


      ほかにも風葬、鳥葬、土葬、水葬や火葬、樹木葬など、人工物である墓標を用いない葬り方全般をさす場合もあります。



      自然葬が注目されている背景には、「自然にかえして欲しい」という思いを持つ人が増えてきたということのほかに、核家族化の影響で先祖代々の墓を守れなくなってきた、都市部に住む人にとって墓を建てることが経済的に困難であるなどの事情があります。



      散骨といっても遺骨をそのまま葬るのではなく、火葬したものを細かく砕いて行います。
      基本的に故人の希望であり、遺族がそれに同意して、散骨する土地の所有者の許可があれば可能です。



      できれば生前からよく話し合っておいて親族にも完全に理解してもらうことが大切です。


      中には遺骨の一部を分けて欲しいという親族がいる場合もありますし、断りなく散骨してしまったとなれば、不謹慎などと悪いイメージをもたれてしまうこともあります。それから、土地の所有者の許可があったとしても近隣の方々の理解を得られないことがあります。そこで散骨の際には仰々しくならないように、できるだけ人目につかないようそっと行なうことが望ましいでしょう。



      散骨自体は合法ですが、それを見た人がどう思うかはわかりませんし、トラブルの元になります。


      自然葬は節度ある方法で、慎ましく行うようにしましょう。



  • 関連リンク

    • 今、自分が亡くなった後自然葬を望む人が増えているといいます。自然葬といわれてどんなイメージを想起するでしょう。...

    • 葬儀を行い、お墓を用意するといった流れが一般的ですが、現在ではお墓を用意しない自然葬という方法があります。自然葬は、海や山など故人が希望する場所に粉状にした遺骨をまくといったものです。...